SCSK GROUP

運用・保守

更新プログラム適用支援サービスWindows 10 大型アップデート(QU/FU)対応

Windows as a Service(WaaS) ~サービスとしてのWindows~

最終バージョンのWindowsとも呼ばれるWindows10では、機能追加と品質向上を定期的に繰り返すことで常に最新のOS環境が提供される「Windows as a Service」という考え方が採用されました。これは、セキュリティ脅威やワークスタイル変革の流れに即座に対応するため、OSを「製品」として販売するのではなく「サービス」として提供するという考え方です。

  品質更新プログラム
Quality Update
機能更新プログラム
Feature Update
更新内容
  • 品質の向上およびセキュリティの修正プログラム
  • 従来の更新プログラムに相当(累積パッチ)
  • Windows10の機能拡張を行う更新プログラム
  • 従来のサービスパックに相当
配信サイクル 1回/月 1回/半年 ※原則3月と9月
データサイズ 小さい 大きい
留意点 FUには各リリースごとにリリース後18か月(例外あり)のサポート期限があり、期限を過ぎると毎月のQUが適用不可となる。
更新プログラム適用支援サービス

どうして ”今” 検討が必要なのか?

Windows7 の延長サポートが2020年1月14日に終了すると新たなセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、継続してPCを使用することは重大なセキュリティリスクを伴います。
※Professional、Enterprise導入の法人限定で、3年の有償延長(ESU)措置あり

Windows10 運用の2つの課題

① 大規模アップデートのサイクルが短くなった

検証・配信・適用の管理負荷が増大

② 更新プログラムのデータサイズが大幅に増加

配信のためのインフラ増強が必要

CSIソリューションズが提供する更新プログラム適用支援サービスで
Windows 10 運用の課題軽減!
  • 1. ネットワーク負荷が小さく、中継サーバーが不要な配信・配布機能
  • 2. 適用タスクの自動実行や、利用者に意識させないサイレントインストール、利用していない時間帯の WAN越しの自動更新やMicrosoft製品以外のパッチへの対応など、様々な環境下での管理に対応
  • 3. お客様をトータルでサポートする運用支援サービス
更新プログラム適用支援サービス

CSIソリューションズが提供するトータルサポート
更新プログラム適用支援サービス

Point1. ネットワーク負荷が小さく、中継サーバーが不要なサービス基盤

「Ivanti® Peer Download™(プル配信機能)」

プル配信時の更新プログラムの入手ステップ

  • 1. 最初に同セグメント内の他のPCを確認
  • 2. 更新プログラムがあればそのPCから対象データをダウンロード
  • 3. 更新プログラムが見つからなければ、最初の1台がサーバーから対象データをダウンロード

PC同士がシェアする仕組みで迅速にファイル展開が可能

ネットワーク帯域を圧迫せず、中継サーバーも不要

更新プログラム配信イメージ

更新プログラム適用支援サービス

Point2. 管理者、ユーザー 双方の負荷を軽減

適用すべきプログラムを一連のタスクとして自動実行

更新プログラム適用支援サービス
  • 利用者は更新を意識せず、自動的にインストールが開始、バックグラウンドで進行するサイレントインストールが可能
  • 利用していない時間帯のWAN越しの一斉電源立ち上げ、自動更新が可能
  • Adobe製品、Google Chrome、Firefox、Javaなど(一部抜粋)、Microsoft以外のパッチ配信が可能

Point3. お客様をトータルでサポートする運用支援サービス

No. サービス工程 サービス内容
1 更新プログラム情報の収集と確認 更新プログラム情報の収集及び影響度の確認
2 更新プログラム配信前準備 更新プログラムの内容を鑑みて配信の可否判断
3 テスト環境への更新プログラム配信テスト テスト環境への配信、全社配信への更新プログラム配信
可否判断(お客様にてPC動作確認)
4 全社環境へ更新プログラム配信 全社環境への配信(お客様にてPC動作確認)
5 配信後のフォローアップ 不具合発生時の更新プログラム配信停止、アンインストール
作業、未適用PCへの調査支援
6 定期報告 適用計画・準備~配信・適用~課題対応と進捗共有
パッチ適用率・未適用率のレポートの送付