仮想化

Nutanixの機能(Acropolis)

徹底的な複雑性の排除、無限の拡張性、劇的なTCOの削減などのメリットから多種多様な業種、業態に導入が進み利用が加速しています。これらHCIの特性を活かしつつ、さらにアプリケーションレイヤーの保護をすることで、より可用性の高いシステムが実現できます。

Nutanix × LifeKeeper Single Server Protection(SSP) × Lenovo

ミッションクリティカルな業務システムもHCIで!

LifeKeeperは仮想環境における構築運用において重要な「アプリケーションの保護と監視」を提供し、 異常時にはプロセスを再起動。さらにはOS再起動まで行い、高い可用性を手軽な費用感で実現します。

使って安心! LenovoのNutanix ThinkAgile HXシリーズ

ハードウェアの信頼性
  • TIC Global Server Hardware, Reliability Report 2016-2017の信頼性調査において、x86サーバーのうちでNo.1の評価
  • 高機能電源ユニット/Light-Path診断パネル/事前障害予知機能(PPA)により、故障時の迅速な原因特定や対応が可能
XClarity:ハードウェア管理の簡素化
  • 作業効率の高いGUIのインターフェースで、物理システムの管理が可能
  • HW障害テクニカルセンターへの自動通報
  • Nutanixの管理インターフェースPrismと連携可能な「XClarity Integrator for Nutanix」を搭載
安心の保守体制
  • 全国72カ所のサービス拠点。世界中から部品を調達し、30カ所のストックセンターで保管
  • 標準で24時間/365日/3年間のワンストップサポートを提供
  • ソフトウェア障害にはNutanix社と連携してサポート
プロフェッショナル・サービスと米沢クオリティ
  • 初期導入サービスとして、ファームウェア最新化/ハイパーバイザー初期設定/Nutanixクラスタ構成(ストレージ構成)と動作テストを実施
  • NEC PC米沢工場におけるファクトリー・インテグレーション・サービスを利用

LifeKeeper SSP(Single Server Protection)で可用性の向上を実現

主な機能
  • アプリケーションの監視、アプリケーションの障害検知
  • 障害検知時には、DBやアプリケーションプロセスの再起動
  • アプリケーションの再起動で復旧しない場合はOSの再起動
  • より強固な対策にはフェイルオーバー機能があるLifeKeeperで
アプリケーションの監視/障害の自動検知
自動再起動
自動マイグレーション

ノード障害はNutanixの機能により他ホストで復旧

より強固な対策はLifeKeeperで!

より迅速に復旧させる必要がある業務システムは、Active/Standby構成のあるLifeKeeperで

システム障害が発生してからでは遅い! 障害対策プラン作成のポイント

  • 網羅性:広い視点からシステムに起こり得るさまざまな障害パターンを網羅した対策を考慮
  • 迅速性:いかに素早く障害から復旧ができるかを考慮
  • 適切性:アプリケーションの特性や運用上の要件に応じて、適切な手段で保護