仮想化

Nutanixの機能(Acropolis)

Acropolisのテクノロジーがエンタープライズでの利用を可能にします

豊富な機能の一部をご紹介します。

インテリジェントな階層化

パフォーマンスを自動的に最適化
  • さまざまなストレージ階層を活用
  • データのアクセスパターンを継続的に監視
  • 最大のパフォーマンが得られるようデータを最適配置
  • ユーザーの介入は不要
ホットデータ > SSD
  • ランダムデータ
  • 永続的な階層
  • 最高のパフォーマンス
コールドデータ > HDD
  • シーケンシャルデータ
  • キャパシティ優先
  • もっとも経済的

データローカリティ

  • VM と同じノード上にデータを保持
  • Read処理を同じノードで実行
  • ILMがリモートデータを透過的にローカルコントローラ上に移動
  • ネットワークを介したやり取りを大幅に低減
  • vMotion/ライブマイグレーション中はデータもVMと一緒に移動

自動ディスクバランシング

  • クラスタ/ノード内のストレージのリアルタイムバランシング
  • 同じノードタイプでも、異なるノードタイプ(CPU中心型、ストレージ中心型など)の混在もサポート
  • 均一性のある分散データ
  • MapReduceフレームワーク
  • マニュアルによる介在は不要

消失訂正符号(EC-X)

  • 1台のディスクがボトルネックに
  • ハードウェア・デファインド
  • スペースを無駄にするホットスペア
  • 自己回復機能は継続しながら、ストレージの最適化を図ることが可能に
  • 可用性の最適化(高速なリビルド)
  • クラスター全体のパワーを活用
  • 使用可能キャパシティを最大75%拡大

総合的なバックアップとDRソリューション

Nutanix Cloud Connect

Cloud Connectとは
  • Nutanixのハイブリッドクラウドソリューション
  • AzureおよびAWSと連携
適用例
  • アーカイビング
  • バックアップ
差別化要因
  • 容易な設定・管理
  • WAN最適化レプリケーション
  • 非同期レプリケーションと相互運用可能