仮想化

刻々と変化するビジネス、ニーズに迅速に対応するITインフラ構築を進めた結果、気が付くと社内にはサーバー、ストレージが乱立し、これらの運用は複雑化を増しています。その解決手段として、さらに将来的なクラウド化を見据え、仮想化は多くの企業で取り組まれています。

サーバー、ストレージなどの仮想化は、統合管理による運用効率化やTCO削減だけでなく、レガシーシステムの延命、災害対策、ワークスタイルの革新など、その可能性を大きく広げており、いまやITサービスに欠かせない存在となっています。CSIソリューションズは仮想化構築に豊富な実績があり、また仮想環境を支える最適インフラに関しても多彩なラインナップを用意しております。お客様それぞれのニーズや課題にフィットしたトータルソリューションを提供します。

仮想化ソリューションマップ

仮想化をこれから導入する企業も、既に仮想化を導入している企業にも、お客様の課題にあった最適なソリューションを提供します。
仮想化ソリューションマップ
アセスメントサービス 仮想化基盤 構築サービス 運用サービス クラウドサービス
  • アセスメントサービス
  • 仮想環境や、クラウド環境を利用する際に、現行のシステム稼働状況を分析します。現状を把握した上で、問題・課題を洗い出し、望ましい今後の解決方法・方向性をアセスメントレポートとして報告します。ITインフラ環境の全体最適化を進める上で、非常に有効です。
  • VMwareによる仮想環境の「健全性」「リスク」「効率」を、客観的に評価しレポートするサービスです。
  • 仮想化基盤
  • 多くの企業のITインフラが仮想化技術により集約・統合され始めて10年以上が経過し、その間にIT部門では技術の進歩を取り込み、より高機能・高性能な仮想化基盤が構築・運用されてきました。一方、これらの技術を取り入れることは構成の複雑さ、運用の煩雑さを招き、コスト効率を悪化させた側面もあります。CSIソリューションズは仮想化に関する幅広いサービス、最新のハードウェア、ソフトウェアを取り揃え、お客様に最適な選択を提案します。
  • 汎用サーバーにストレージ機能を吸収(SDS:Software Defined Storageテクノロジーを活用)し、サーバー、ハイパーバイザー、ストレージを一元的に管理でき、主にアプライアンスとして提供されるITインフラストラクチャ-。設計/導入/運用/拡張のフェーズを簡素化し、TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)の削減に貢献します。
  • ハイパーコンバージドのストレージ機能は、ソフトウェアで実現されます。Nutanixは、ソフトウェアベンダーであり、今までのハードウェアで実現していたストレージアーキテクチャーをソフトウェアに置き換え、汎用的なx86サーバー上で実行されます。Nutanixをご利用いただいているお客様は、最新版のソフトウェアリリースをワンクリックでインストールして、新たに実装された機能やメリットを即座に享受することができます。また、Nutanixソフトウェアは2つのコンポーネント、Acropolis(アクロポリス)とPrism(プリズム)で構成されています。
  • Acropolisのテクノロジーがエンタープライズでの利用を可能にします。
  • Prismはデータセンターの管理をシンプルにします。
  • Nutanixライセンスは3種類から選択できます。
  • 構築サービス
  • ITインフラ環境の全体最適化を見据え、具体的なインフラ構成、移行方法、運用方針を設計します。この設計に基づき、テスト環境での検証を経て、仮想化の導入構築を行います。CSIソリューションズは豊富な実績とノウハウ・技術力、そして多彩なラインナップをもって、最適なインフラ環境構築をトータルサポートします。
  • 経験豊富なVMware認定パートナーとして、アセスメント・設計段階から運用管理まで、お客様に必要なサービスを一貫して提供します。
  • サーバー統合で培ったVMwareのノウハウを活かし、Thin Clientソリューションとして、Horizon Viewによる仮想デスクトップ環境を提供します。
  • キャパシティの管理とパフォーマンスの監視という重要な機能を追加し、vSphere環境の最適化を支援します。
  • Windows Serverに実装されたHyper-Vによって、使い慣れたWindows環境で仮想化を実現し、TCO削減や管理性向上に貢献します。
  • 長年の実績に裏打ちされたIBM PowerSystemsの仮想化技術「PowerVM」によって、ミッションクリティカルな環境でも安定した統合環境を実現します。
  • 運用サービス
  • 複雑化する仮想環境の運用、障害対策、ディザスタリカバリ構築を、CSIソリューションズがトータルで支援します。
  • ハードウェア保守とヘルプデスク、そしてリモート運用サービスが統合化されたサポート窓口。自動監視による安定した稼働、障害対策を支援します。
  • 仮想環境における「障害を未然に防ぐ」「適切な対処」を目的にしたサービスです。
  • クラウドサービス
  • ITインフラ環境の全体最適化を見据え、仮想化からクラウドへの展開をはじめ、クラウド導入における課題解決をサポートします。
  • Bluemix Infrastructureは、オンプレミスとクラウドを知りつくしたIBMが提供する、高いパフォーマンスとセキュリティを併せ持つエンタープライズ向けクラウドです。

仮想化イメージ

サーバー仮想化
  • ファイルサーバー、メールサーバー、データベースサーバー等、機能・アプリケーション毎に乱立するサーバーを仮想統合し、物理台数を集約、またCPU・メモリリソースを最適化。さらに仮想サーバーは短期間で柔軟に構築可能。
  • 資産管理負担軽減、メンテナンス管理軽減、リードタイム短縮
ストレージ仮想化
  • 急増するストレージはシステム構成を複雑化させ、容量管理・バックアップ運用管理のコスト、投資の増大を招く要因。ストレージ仮想化によって、乱立・複雑化した物理リソースを透過的に一元管理しディスクを最大限に有効活用。
  • 管理コストの削減、TCO削減
デスクトップ仮想化
  • クライアントPCにハードディスクドライブなどの記憶装置を持たせず(あるいは機能を停止させ)、OSやアプリケーション、データ保存などをサーバー上で実行。サーバー上でクライアントPCを一元管理。
  • 情報漏えいを未然防止、管理コスト削減、管理工数の減少
アプリケーション
仮想化
  • 個々のクライアントにインストールして利用せず、OSと切り離して仮想化されたアプリケーションを起動。
  • OSのバーションに依存せず、アプリケーション同士の競合を防ぐ。 ライセンス管理、アクセス権限管理を一元管理
ネットワーク仮想化
  • 物理的、地理的制約を超えて仮想サーバーが移動する環境において、複雑化するネットワーク設計、設定(仮想サーバーレベルでのセッション維持や負荷分散等)を一元管理、自動化による運用負荷軽減を実現。
  • 管理コストの削減、パフォーマンス向上、災害対策
ディザスタリカバリ
(DR)
  • 大規模災害やシステム障害に備え、遠隔地にシステムのバックアップサイトを構築し、システム障害から早期復旧する仕組み・手順の確立。
  • システム停止による損失を最小限に抑制、事業継続