Server/Storage

IBM Spectrum Storage Software Defined Storageで実現するクラウド&ビッグデータ時代のストレージ変革

IBMのSoftware Defined Storage(以下、SDS)ソリューション「IBM Spectrum Storage」は、アナリティクスに基づくストレージ管理およびデータ保護ソリューションを提供する「コントロール層」と、ハードウェアや場所の制約からデータを解放するために物理層を仮想化し、データの特徴・価値に応じた物理層の選択肢を可能にする「仮想化層」から構成されます。
コントロール層

アナリティクスに基づくデータ管理で、コストを最大50%削減

IBM Spectrum Controlは、簡素化や自動ストレージ・プロビジョニング、キャパシティ管理、可用性モニタリング/レポーティングを行ない、仮想環境やクラウド環境、ソフトウェアで定義された環境の効率的なインフラ管理を行ないます。

特長
  • データと異機種ストレージ環境の可視性と制御性を高め、自動化を推進
  • 単一コンソールから全てのデータタイプを管理(ディスク、フラッシュ、ファイル/オブジェクト・ストレージ)
  • 分析(容量/性能)に基づくデータの自動再配置機能で、最もコスト効果の高いストレージを活用
  • ポリシーベースの自動プロビジョニングを実現
  • オンプレミスのストレージ基盤をパブリック・クラウドから監視・最適化(Storage Insights)

自動化されたデータ保護で、バックアップ・コストを最大38%削減

IBM Spectrum Protectは、ソフトウェアで定義された環境、仮想環境、物理環境、クラウド環境向けに、信頼性が高く効率的なデータ保護と回復力を提供します。

特長
  • 高速なバックアップ&リカバリーを実現する永久増分バックアップ(特許技術)
  • 標準で重複排除機能を搭載し、さらにデータ容量を削減
  • 転送されるバックアップデータを最小化し、ネットワーク帯域への負荷を大幅に低減
  • 遠隔地レプリケーションと災害回復管理機能による回復力の確保
  • バックアップ取得時間を最小化、サービス稼働時間を最大化
仮想化層

異機種混在のSANストレージの仮想化により最大5倍のデータを保管

IBM Spectrum Virtualize は、10年以上にわたり10,000システムを超える出荷実績があり、SANストレージ環境の柔軟性とデータ経済性を向上させます。既存ストレージにもリアルタイム圧縮や階層化などの先進技術を適用でき、SANストレージへの投資効果を一層高めることができます。

特長
  • マルチベンダー 300種類以上の仮想化に対応し、ストレージの機能性、経済性、柔軟性を向上
  • アプリケーションを中断せず、仮想化されたストレージ・システム間で透過的にデータを移動
  • 可用性を高めるマルチサイト構成により、データ移動を実現
  • IBM Real-time Compressionを使用してプライマリーのアクティブ・データを最大5倍の保管
  • 導入済ストレージにも最新機能が適用され、投資対効果を改善

クラウド向けのエンタープライズ・ストレージを数分で導入

IBM Spectrum Accelerateは、XIVアプライアンスから抽出されたソフトウェアで、必要なときに新しいストレージ構成を数分間で実装できるクラウド向けのブロックストレージ・ソリューションです。どこからでも高速なデータ・アクセスを可能にし、クラウド環境に極めて高い柔軟性を提供するXIVテクノロジーは、すでに世界中の100,000台を超えるサーバーで実行されています。

特長
  • 超並列処理と自動ロード・バランシングによりチューニング作業は不要
  • 自動化とセルフサービス(VMware、OpenStack対応)
  • 直感的なGUIで管理を容易に

グローバル・スケールで大容量データへの高速アクセスを実現

IBM Spectrum Scaleは、1998年から第一線のスーパーコンピューターで信頼性が高く効率的な帯域幅のデータ基盤を支えてきたファイル・システムです。クラウドやアナリティクスに求められる優れたスケーラビリティと俊敏性を備え、グローバルな共有アクセスを実現します。拡張性が求められる各種製品・サービス(Storwize V7000 Unified、Scale Out NAS、Elastic Storage on Cloud、Elastic Storage Server、DB2 pureScale)にも採用され、一般企業にも広く普及しています。

特長
  • コモディティ・ハードウェアによって、初期コストや総保有コストを大幅削減
  • 読み取り専用のローカル・キャッシュにより、I/Oパフォーマンスを最大6倍高速化
  • ポリシーに基づくストレージ管理の自動化で、ストレージ・コストを最大90%削減
  • オンライン拡張可能なファイルシステムで、障害時にもシステムを止めずに運用できる高い可用性
  • POSIX、NFS、SMB、OpenStack Swift対応で、ファイルとオブジェクトのストレージ・アクセスを実現

アクティブ・アーカイブ・データの総所有コストを最大90%削減

IBM Spectrum Archiveは、アクセス頻度の少ないデータをディスクからテープへと自動的に移動させ、従来のテープ・アプリケーションがなくても、使い勝手良く、コストを低減することができます。

特長
  • 大容量データ、長期保管データ、アクセス頻度の低いデータに容量単価に優れたテープを活用
  • テープにファイルシステムの概念を導入し、オンラインアクセス可能
  • 階層型ディスク・ストレージにIBMテープ・ライブラリーを組み込み、ストレージ・コストを大幅削減
  • IBM Spectrum Scaleと連携し、高速ディスク~テープまでをポリシーに基いて透過的にデータ移動
  • データ可用性に影響を与えず、テープ・メディアの追加とプロビジョニングのみでアーカイブ容量を拡大

  • 下記の資料をダウンロードいただけます。
  • IBM Spectrum Storage ファミリー
    すべてのデータから大きなビジネス価値を

IBM、IBMロゴ、その他各ストレージ製品は世界の多くの国で登録されたIBM Corp.の商標です。