Server/Storage

IBM Spectrum Storage Software Defined Storageで実現するクラウド&ビッグデータ時代のストレージ変革

IBM Spectrum Control (Tivoli Storage Productivity Center, Storage Integration Server)

アナリティクスや自動化による効率的な管理を実現

IBM Spectrum Controlは、簡素化や自動ストレージ・プロビジョニング、キャパシティ管理、可用性モニタリング/レポーティングを行ない、仮想環境やクラウド環境、ソフトウェアで定義された環境の効率的なインフラ管理を行ないます。

製品概要

データとストレージ・インフラストラクチャーの可視化、制御、自動化

IBM Tivoli Storage Productivity Centerは、異機種混合のストレージ・インフラストラクチャーを管理するためのデータおよびストレージ管理ソフトウェアです。データとストレージ・インフラストラクチャーの可視性と制御性を高め、自動化を推進できます。複数のストレージ・システムを抱えている場合でも、ストレージのプロビジョニング、パフォーマンス管理、データ複製の処理を簡略化することが可能です。
Tivoli Storage Productivity Centerには、データおよびストレージ管理のプロセスを簡略化するための、以下のような機能が用意されています。
  • すべてのタイプのデータを管理するための単一のコンソール
    ディスク、フラッシュ、ファイルおよびオブジェクト・ストレージ・システムに対応しています。
  • 簡略化された視覚的な管理ツール
    事前に設計されたレポートと高度な Webベースのユーザー・インターフェース、VMware vCenterプラグインおよび Cognos Business Intelligenceが組み込まれています。
  • ストレージ管理とデバイス管理
    エージェントレスのデバイス管理によって、実装のための時間を短縮し、インテリジェントな事前設定によってプロビジョニングの一貫性と制御性を高めることができます。
  • 統合パフォーマンス管理
    さまざまなデバイス、SANファブリック、ストレージ・システムなどを組み込んだエンドツーエンド・ビューの機能を利用できます。サーバー集中型のビューでストレージ・インフラストラクチャーを管理することによって、迅速なトラブル・シューティングが可能になります。
  • データの複製管理
    リモート・ミラー、スナップショット、コピーの管理が可能です。Windows、Linux、UNIX、z Systemsのデータに対応しています。
Tivoli Storage Productivity Centerは、Virtual Storage Centerの不可欠な部分であり、マルチプラットフォームのストレージの仮想化、データおよびストレージ管理を可能にします。
Web GUIによるSAN全体の状況確認

製品詳細

ハードウェアとソフトウェアの要件

  • ストレージ・ネットワーキング・インダストリ・アソシエーション(SNIA)のStorage Management Initiative - Storage(SMI-S)仕様のバージョン1.0.2、1.1、1.5、およびそれ以降を使用して、ほとんどのストレージ・システムとデバイスをサポートします。
  • ハードウェアとソフトウェアのインターオペラビリティーは、IBM Support Portal for Tivoli Storage Productivity Centerのマトリックスで保守されます。
  • インターオペラビリティーのマトリックス(US)

  • 下記の資料をダウンロードいただけます。
  • IBM Spectrum Storage ファミリー
    すべてのデータから大きなビジネス価値を

IBM、IBMロゴ、その他各ストレージ製品は世界の多くの国で登録されたIBM Corp.の商標です。