IBM iソリューション

LongRange for LANSA

LongRange for LANSA(以下、LongRange)は、その開発ツールとメソッドを使用して、Apple iOSやAndroidで動くネイティブ・モバイルアプリケーションの構築と保守を行うことができます。開発者は、新しいプログラミング言語やコーディング技術を新たに習得する必要がなく、タイムリーに開発、利用が可能です。また、開発を段階的に行うことで実用化までの時間を短縮することも可能です。

特長と優位性

短時間での実用化

設計、プログラミング、複数のモバイル・プラットフォームへのネイティブ・アプリケーションの配布にかかる時間を短縮します。

  • サーバー上でLANSAを使用。モバイルデバイス側にプログラミングは必要ありません。
  • 同じプログラムでiOS と Android の両方のデバイスに対応します。
  • ネイティブ・アプリのユーザー・インターフェースが色々な画面サイズ(タブレットやスマートフォン)に合うように自動的にサイズや表示方法を変更します。

低いTCO

設計、プログラミング、複数のモバイル・プラットフォームへのネイティブ・アプリケーションの配布にかかる時間を短縮します。

  • 特別なモバイル・アプリケーションの開発スキルを持った開発者、研修の実施、継続保持する追加費用が不要。
  • 複数のモバイル・プラットフォームをサポートする、LANSAのソースコード一式を保守するだけです。

投資の早期回収

リッチなユーザー・インターフェースの使い易いネイティブ・アプリケーションを素早く提供し、ユーザーの生産性を向上させます。

  • iOSとAndroidの両方に同じソースコードを使用でき、保守費用の削減。
  • モバイル用のプログラミングを学ぶ必要がなく、開発者の習得時間を短縮。

LongRangeのしくみ

LongRangeは、サーバーサイドの管理サービス(LongRange サーバー)と、モバイルデバイス上でネイティブに動くアプリケーション(LongRange モバイル・アプリケーション)から成っています。ユーザーは、アプリケーションをモバイルデバイスにダウンロードしてサーバーに接続すれば、ビジネス・アプリケーションを使用する準備が完了します。

モバイルデバイスのユーザーは、LongRangeモバイル・アプリケーションのフォームビューを起動する際に、LongRangeサーバーに要求を送り、アクションが関連するLANSAプログラムを呼び出します。
これらのプログラムは、他のLANSA、RPG、COBOL、Java、CLプログラム、Webサービス、メッセージキューなども呼び出し、要求処理を行ない、画面を送るコマンドを発行します。
LongRangeサーバーはアプリケーションに画面を送り、モバイルデバイス上で画面を表示します。


LongRangeの機能

  • ネイティブ・モバイルアプリケーションの構築
  • ビジネス・アプリケーションの開発に使い慣れたLANSA開発ツールを使用
  • モバイル・アプリケーション画面を自動的に生成
  • LANSAプログラムで、カメラや位置情報を含めたモバイルデバイスの機能を使用可能
  • モバイルデバイス – サーバー間でファイルのやり取りが可能
  • アプリケーションのテンプレートと豊富なサンプル
  • 複数言語/DBCSサポート
  • 既存のサーバーインフラを使用
  • 強力なセキュリティ
  • TLS/SSL暗号化

導入後のイメージ

LongRangeアプリケーションは、モバイルデバイス上で稼動するビジネス・アプリケーションのインフラストラクチャーを提供するネイティブ・モバイルアプリケーションです。開発者は、プログラムを作成し、LongRangeスタジオを使用して、アプリケーションスキーマにそれらを埋め込みます。LongRangeアプリケーションは、LANSAプログラムからの入出力を、Apple iOS(iPhone 及び iPad)やAndroidなどのモバイルデバイス上で、大きく拡張されたユーザー・インターフェースを使用して処理します。

主な機能
ユーザー・インターフェースは、モバイルデバイス上での使用の為に、タッチ入力に対応し、視覚的にも機能拡張されています。
アプリケーションは、モバイルデバイスとサーバー間でファイルをやり取りすることができます。
LANSAプログラムは、モバイルデバイスによって提供されている機能、例えばカメラ、位置情報のサービスを利用することができます。