IBM iソリューション

ビジネス環境の大きな変化に柔軟、俊敏に対応して、ビジネス拡大に寄与するシステム基盤の構築が、多くの企業のIT部門に求められます。企業は、新しいビジネス、サービスを生み出す戦略的なIT投資には積極的な一方、システムの保守・運用業務にかかるコストに対しては、効率化を図り、削減することが、IT部門の課題となっています。高い信頼性と安定性を誇るIBM i(System i、i Series、AS/400)は、多くの企業の基幹システムを支えるプラットフォームとして稼働しています。

CSIソリューションズは、IT部門が直面するIBM iの様々な課題を解決する最適なソリューションを取り揃えています。
  • クラウドサービス
  • IBM i のクラウド環境を必要に応じてリーズナブルにご利用いただけます。
  • データセンター内のIBM i 環境を、必要に応じて、ご利用いただけるクラウドサービス。
  • IBM i 向けのASP型HAソリューション、リソースを購入する必要がなく、低コスト・短期間で万全なDR体制を構築。
  • バックアップサービスのソフトウェアライセンスと運用業務をセットにした従量課金型サービスです。
  • アプリケーション
  • IBM i のアプリケーション資産の運用効率化と生産性向上を実現します。
  • IBM i アプリケーション(RPG/COBOL/CL等)の設計情報を解析、可視化するツールです。ブラックボックス化したシステムの解析や保守メンテナンスの生産性向上に有効です。
  • 5250画面(グリーンスクリーン)のGUI化、Web化はもとより、更なるユーザーの生産性向上を実現します。
  • IBM i システムを短時間、低コストで、スマートデバイス対応を実現し、ユーザーの生産性向上に寄与します。
  • 内部監査、外部監査だけでなく、マイナンバー制度にも対応した総合セキュリティソリューション。
  • インフラ
  • CSIソリューションズの豊富な実績と経験に基づき、高い技術力で最適なインフラを提供します。
  • ビックデータ時代の高速処理プロセッサ。
  • IBM i と外部ストレージの組み合わせは、IAサーバーとストレージの統合を可能にし、効率化とトータルコスト削減を実現。

IBM i モダナイゼーション

モダナイゼーションとは

企業の基幹業務を支えてきたIBM i には、これまで長期に渡り投資してきたアプリケーション資産が稼働しています。この稼働中のアプリケーション資産を今後も継続して利用したい一方で、多くのお客様は、次の課題を抱えています。

  • ① 技術担当者の要員不足
  • プログラム開発担当者の高齢化に伴う、RPG/COBOL要員の不足
  • ② システム保守の負荷
  • 長期間のプログラム修正、追加による仕様書の未整備、システムのブラックボックス化、属人化
  • ③ 新しい技術との連携
  • スマートデバイスに対応していない
  • ④ 5250画面(グリーンスクリーン)への抵抗感
  • 利用ユーザー層の変化、使い勝手の悪いインターフェース

有効なアプリケーション資産を活かしながら、 IBM i を革新する手法として、現行機能を踏襲して近代化させる「モダナイゼーション」があります。

企業で稼働中のIBM i は、これまで各企業のビジネス戦略にあわせたプログラム開発が行われ、各企業固有のビジネスロジックを支えてきました。そのため、課題の解決方法も各企業の今後のIT戦略に沿って検討していく必要があります。それぞれの要件にあった提案ができるよう、多彩なサービスを取り揃えています。

IBM i を革新するソリューション

  • システム運用アウトソーシング
  • クラウドサービス
  • IBM i 上のプログラムを可視化 ⇒  X-Analysis
  • プログラム仕様書整備、仕様書作成
  • 5250画面(グリーンスクリーン)を刷新 ⇒  RAMP from LANSA
  • GUI化、Web化
  • IBM i 上のアプリケーションをスマートデバイスでも利用、活用 ⇒  LongRange for LANSA