仮想化

快適な仮想デスクトップ環境をお使いいただくために

「せっかく実現した仮想デスクトップ環境をもっと快適に利用したい」「変化し続けるビジネスシーンに迅速に対応したい」といったご要望にお応えします。

スマートな仮想デスクトップ環境を
「VMware® Horizon™ View」と「IBM FlashSystem™」で実現します。

VMware Horizon View + IBM FlashSystemのメリット

仮想デスクトップ環境のボトルネックになりうるストレージI/Oの問題をスマートに解決する

  • 仮想デスクトップ環境を構築する上で、 ハードディスク(HDD)を多数搭載する方法でのパフォーマンス向上策では、搭載HDD数の仕様制限等で限界があります。
  • SSD混在型のストレージでもHDD型と同様、搭載数の仕様制限の問題があると共に、Write比率の高い(Windows7の場合70%程度)仮想デスクトップ環境においては、大きな効果が見込めない場合もあります。
  • 「IBM FlashSystem」では、パフォーマンスの心配はほぼありません。SSDによるシステムとは異なり、Flashメモリーの性能を最大限に引き出す専用のハードウェア設計により、ストレージ容量に関係なく、高パフォーマンスを期待できます。後は容量のみ検討いただくことで、仮想デスクトップ環境のボトルネックになりうるストレージI/Oの問題を解決します。

※1. HDD+SSD構成:HDD(15Krpm)×208(RAID 5)+15%程度SSDを配置した場合の弊社算定値
※2. HDDのみ構成:HDD(15Krpm)×208(RAID 5)の場合の弊社算定値

データセンターを含め、設置場所や消費電力にやさしい

  • 仮想デスクトップ環境においては、前述の通り高パフォーマンスのストレージを要求します。高回転のハードディスクを多数配置し、且つ、容量を確保する場合、設置スペースと消費電力を必要とします。
  • 「IBM FlashSystem」はスペース効率と電源効率に優れています。わずか2Uの筐体で24TB※1の容量をサポートし、消費電力は625ワット以下です。特にデータセンターに設置される場合、スペース効率と電源効率はデータセンターコストの大幅な削減を期待できます。
  • ※1. 4TBモジュール8枚、RAID 5構成時。最大では4TBモジュール12枚RAID 5、40TBの構成が可能。

(参考)500同時ユーザー(ピーク時:21,000 IOPS)、17TB以上必要な場合

エンタープライズ・クラスの信頼性と可用性

  • 「IBM FlashSystem」は単一障害点のないアーキテクチャーを特長としています。他社のFlashストレージと比較して多層の安全性確保技術を実装し、最も要求の厳しいデータセンターでの使用においても、高い可用性とエンタープライズ・クラスの信頼性を実現しています。
    • Variable Stripe RAID™(IBM特許技術)
    • モジュール・レベルRAID
    • システム・レベルRAID
    • ECCによるエラーコレクション

RAID構成例:モジュール・レベルRAIDとシステム・レベルRAIDの組み合わせ(縦横方向にRAIDを構成)

CSIソリューションズの安心デスクトップ仮想化導入支援サービス

CSIソリューションズの最新技術、豊富な実績をベースに、各ベンダーと強力なパートナーシップを構築することで、お客様と共に、安心且つ最適な仮想デスクトップ環境を提供します。

サポート体制

【PDF版】ダウンロード
IBM、IBMロゴ、その他各ストレージ製品は世界の多くの国で登録されたIBM Corp.の商標です。